朝、目が覚めて、少しぼやけた意識で、「ここはセドナだ」 と思うと、まだ寝ぼけて夢を見ているんじゃないか… という気持ちになります。

 いよいよ今日は、昨日Pink Jeep Toursで予約した、ホナンキ遺跡のツアーに参加する日です。

 ホテルのバイキングの美味しい食事を取ると、急いでザ・ワイの近くにある、待ち合わせ場所に行きました。

 セドナはアリゾナ州で、アリゾナと言えば、カサカサに乾いた暑い砂漠のイメージがしますが、冬はそれなりに寒いです。

 特に朝晩や天気が悪い時は、相当に寒いです。

 でも、今日は快晴ですので、風は冷たいながらも、日差しがポカポカとして、幾分過ごしやすいです。

 セドナの朝日

 セドナの朝日…

 この地で過ごすのも、もう、今日が最後です。

   ピンクジープ

 このジープに乗って、案内役のマイクさんと他4名のツアーを申し込んだ人達と一緒に、ホナンキ遺跡に向かいます。

 考えてみたら、たまたま今日が日曜日だったから、このツアーが開催されていたのですね。

 本当に僕は、偶然によって、いつも願いが叶えられているのだという事を実感します。
 特にセドナに来てからは、そういうパワーが全開になっている気がします。

 調子に乗らないように、気をつけなくてはいけませんね。

 目指すは、ホナンキ遺跡があるスヌーピー・ロック…

 スヌーピーロック

 スヌーピーロックって、おかしな名前ですが、あのチャールズ・シュルツの漫画のスヌーピーから取った名前です。

スヌーピーロックへ 見る場所によっては、スヌーピーが寝ているような形に見えるからなんですね。

 という事で、6人を乗せたジープはホナンキ遺跡を目指して、どんどん進んでいきます。

 マイクさんは陽気な人で、いろいろなジョークを織り交ぜながら、ホナンキ遺跡の事を教えてくれます。

 もちろん、英語でですが(笑)

 僕は、言葉がちゃんと理解できないので、みんながウケている時に、どういうリアクションを取ったらいいのか、本当に困りました。

 もっとまじめに、英語を勉強しておけばよかったです。

 到着

 そして、無事に現地に到着…

いよいよ中へ いよいよ、この遺跡の中へ入っていきます。

 一体、この中で、何が待っているのか…
 ワクワクします(^^)



 遺跡の中へ

 現れた遺跡の崖…

崖

 確かに、なんか体がビリビリするような感覚がします。

 まあ、気のせいなのかも知れませんが、ここには間違いなく、すごいエネルギーがある事は確かです。 

 現地のネイティブ・アメリカンの人達が残した壁画が見えてきました。

壁画1 これは、人が何かをお供えしているようにも、誰かに何か渡しているようにも見えます。

 たいまつを持って、ファイヤーダンスを踊っているようにも…


壁画2 明らかに、これは手の形ですね。

 一体、これは何を意味しているのか…

 マイクさんが英語で何か説明していましたが、すみません、ちょっと正確な意味は分かりません。


壁画3 大きな球を持っているようにも、月を眺めているようにも…

 不思議な絵です。



壁画4

 とにかく、ここに大勢の人達が生活していた事だけは、確かなようです。

壁画5 これなんかは、UFOのようにも見えるのですが…

 このあたりの場所には、UFOが見たという人がたくさんいるようです。



壁画6 一体、これは何を意図して描かれたものなのでしょう。

 きっと、ネイティブ・アメリカンの人達に何かがあって、未来の為に、それを記しておこうとしたからに、違いありません。


 ホナンキ遺跡探索を終えて…

 なんか、すごいものを見てきた気がします。

 とにかく、心に起きている感覚に従って、行動したいと思います。

 まだ、時間も早いのですが、さすがにこれからボルテックスをまた、見に行こうという気持ちが起こりません。

 日本に持ち帰るお土産を買いに、セドナのアップタウンの方に向かいました。

 せっかくだから、ネイティブ・アメリカンの人達に関係するお土産がいいと思い、さまよっていたら、見つけました!!

Clear Creek Trading Clear Creek Trading というお店…

 ここには、ネイティブ・アメリカンの本格的なお土産がずらりと並んでいます!!

 しかも、値段も、かなりお値打ちです。

 いろいろセドナのお店を回ってみましたが、お土産を買うのなら、ここのお店は一押しですね。

 お店の外に出てみたら、鉄琴がありました。

 鉄琴


弾いてみた 少しいじって遊んでみました(笑)

 時計を見たら、お昼の1時…

 まだ、いろいろと回ろうと思えば回れるのですが、ホテルに戻って休みたいという気持ちが強くて…

 普段の僕らしくないですけど、無理はせず、自分の気持ちの衝動に従う事にしました。

 まだまだお伝えしたいことは山ほどあるのですが、またこの続きは明日のブログに書く事にして、少しだけお昼寝したいと思います(^^;;

よろしかったら、クリックしてください(^^)