約10時間ぐらい、飛行機の中で過ごして、無事にアメリカ合衆国・ロサンゼルスの地に到着しました!

ロサンゼルス空港

 ロサンゼルスと言えば、誰もが知るカリフォルニア州の都市。

 映画で有名なハリウッドしかり、ビバリー・ヒルズしかり、リバーサイドしかり、全部ロサンゼルスの中にあります。
 わずかに離れた所には、セントラルパークだってあります。

 まさにここが、世界の流行の発信基地と言ってもよいでしょう。

 そして、まぎれもなく、タロットカードが今のように世界中に普及するきっかけになったのも、このロサンゼルスの地であった事も事実です。

 それは、この地を取り巻く、様々な文化や見えない部分のパワーバランスの影響も大きかったに違いありません。
 もちろん、表立ってはわかりませんが…

 ただ、目に見える形だけで言えば、今のタロットは、このロサンゼルスや、当時カリフォルニアにあった様々な魔術結社の影響によって、現代のように形を整えられたといってよいでしょう。

 タロットカードの発祥は、おそらくは15世紀のイタリアの地であり、それがフランス・パリにもたらされた時に、エテイヤという一人の男によって、占いと密接に関連づけられ、やがて、後々のオカルティスト達によって、現代のタロットの形が出来上がりました。

 そして、ウェイト版タロットがイギリスから、アメリカ・ロサンゼルスに波及したその瞬間に、現代のタロットが生まれる条件が整った事になります。
 もしも、タロットがヨーロッパ圏にとどまったままだったら、おそらくは今でもタロットは、ただのマイナーな魔術儀式の道具の一つにしか過ぎなかったでしょう。

 これら一連のタロットの歴史的な流れは、タロット歴史学の権威・伊泉龍一先生の「タロット大全」や、カードの履暦様のホームページである「タロットの歴史とトランプの歴史年表」に詳しいです。

 そんな事を心に巡らせながら、飛行機の乗り継ぎ場所である、ロサンゼルス空港を歩いていると、無性に町を歩きたくなるその衝動を、どうしても抑えられませんでした。

 という事で、ほんの少しだけ歩いてみました(笑)

 ロサンゼルス

 そんなこんなで夢中になっていると、いつしか大分時間が過ぎていました。

 とはいえ、フェニックスの飛行機発までには、まだ、50分ぐらい時間があります。

 でも、タカをくくって油断していたのがいけなかったです。

 この空港には、あんまり日本語を話せる人がいないのですね。

 とりあえず、身振り手振りで空港の場所を聞いてみると、係員の人も、身振り手振りで教えてくれるのですが、指が指示している方向しかわかりません。

 だから、とりあえず、そっちのほうに行って、また別の人に聞くという事を、繰り返していたのですが、どうも、その係員の人によって、教えてくれている場所が微妙に違うようなのです。

 だから、あっちに行ったり、こっちに行ったりして、いつまで経っても出発場所のゲートにたどり着きません。

 いや、たぶんこちらの質問の仕方が悪いのと、相手の言っている事を正しく理解できていないのが、原因なのですが…

 そうこうしている間に、12:50発の飛行機のチェックインに間に合わなくなってしまいました(笑)

 ロサンゼルス・ハプニングです…

 丁度、日本語のわかる係員の人を見つけられたので、次の便に変更してもらう事ができたのですが、次の便は夕方の16:30発になってしまうそうです。

 まあ追加料金は一切掛からなかったので、問題はないのですが、次の離陸まで、まだ4時間以上もあります。

 せっかくなので、ロサンゼルスの地で、タロットカードが世界ブームになる息吹を感じ取る事にしました。

 景色

 どうせなら、ウェイト版タロットのディストリビューターを作ったC.C.ザインの魔術結社「光の教会」にでも、突撃取材をすれば、かなり面白い事になるのでしょうけど、さすがにちょっと怖いですし、だいたい僕の英語レベルでは、あまり意味がないでしょうから、それは見送る事にしました。

 それよりも、まず、腹ごしらえですね。

 THE KITCHNに行って、アボガド入りチキンバーガーのセットをたのみました。

 なんと、17ドル99セント…

 その時は実感がなかったのですが、日本語に換算して気づいてみると、めちゃくちゃ高価なチキンバーガーセットを頼んでしまいました(笑)

 出て来たものを見て、ビックリ… 

 ハンバーガー

 これ、とても一人で食べきれる量ではありません。(でも、もったいないので、無理して全部食べ切りました…)

 まあ、こうやって失敗を繰り返して、人は強くなるんですよね(笑)

 この後は、無事に16:30発のフェニックス行きの飛行機に乗って、約4時間遅れで、フェニックスに到着。

 運よく次に発車のシャトルバスに、タイミングよく時間ぴったりに乗り込めたので、結果的に、セドナのホテルには2時間遅れの21時30分ぐらいに到着しました。

 到着は2時間遅れたものの、4時間ロサンゼルスを楽しみたのですから、結果オーライです。

セドナ到着

 無事にやっと、目的地のセドナにたどり着きました!!

ホテル

 なんか、申し訳ないくらいに、広くて綺麗なホテルなんですけど♪

 今日はこれからシャワーを浴びて、明日のセドナ探索に向けて、ゆっくり体を休める事にします。

よろしかったら、クリックしてください(^^)