FC2ブログ
2016.11.29 事のあらまし
 パリからの旅行から、日本に帰ってきて、もうすぐ5年…

 振り返れば、あっという間の5年間の出来事でした。

 その間に、僕の人生は、それ以前とは全く別のものに変わってしまった気がします。
 それだけに、あのパリ旅行は衝撃的でした。

 あのパリ滞在の目的でもある、「タロットカードのカードの意味のルーツを探る」という課題は、結局の所、中途半端のままになってしまいました。

 もちろん、タロット占いの開祖でもあるエテイヤの調査については、紆余曲折を得た結果、ある程度は自分にとって、満足がいく実績を残す事はできました。

 結果的に言えば、パリの地には、今現在伝わるタロットカードの意味の痕跡はなく、 拙著「タロット占い完全マニュアル」にも書いたように、ウェイト版に関して言えば、アメリカのロサンゼルスの地に、ヨーロッパ圏でこれまでは静かなブームを保っていたオカルティスト達のタロットというものが伝わった瞬間に、全世界に波及したといってよいでしょう。

 タロットカードの1枚1枚の細かな意味は、ハッキリ言えば、アメリカのタロティスト達の創作によるところが大きく、そんな意味でも、タロットカードの事をもっと知りたければ、鍵はおそらくアメリカのロサンゼルス界隈にある… という結論のまま、僕はこの案件を保留していました。

 いよいよ、今回はそのアメリカ大陸の地に踏み入れる事となりました。

 今回訪れる地は、ロサンゼルスの近くにあるセドナ、近くには「タロット完全マニュアル」にも紹介したナバホ族が住む、ナバホ国定公園があります。

SEDONAの本 という事で、セドナの本を買って、今さかんに勉強しています。

 このセドナには、ボルテックスと呼ばれるパワーの源とも呼ばれるような場所もあるようです。

 そして早速、Travelexに行って、ドルに換金してきました。


アメリカドル

 前回のサイパン旅行の時に残ったドルも合わせて、全部で261ドルと48セント…

 まあ、これだけあれば、贅沢はできないなりにも、多少は動き回れるでしょう(^^)
 出発は明後日…

 新しい冒険に、胸を躍らせています。


よろしかったら、クリックしてください(^^)